|ホーム|サイトマッププライバシーポリシー
健康な歯をつくろ!歯の治療マニュアル

歯の治療

歯といっても、生まれてからずっと生えてきた歯を大切にするって結構大変ですよね。若い頃は歯がたくさんあって何とも思わなくても、段々と抜けたり痛んだり、折れたりしてきます。自分の歯で話したり、笑ったり、食べるのってすごく大切なことです。歯を丈夫で健康に保つには、どのようにしたら良いのでしょうか?

歯の構造 歯の構造イメージ図
象牙質

神経や血管があつまっている歯ずいを囲んでいるのが象牙質です。組織が生きているため、痛みを感じる部分です。

エナメル質

体の組織の中で、一番硬いとされているのが、歯です。強度は水晶と同等の強さがあります。

歯ずい

歯の血管や神経が集まっている箇所で、歯の一番内側に位置します。歯の一番大切な大切な組織のため象牙質などで保護されます。


歯槽骨

歯を支えている骨です。歯槽骨がとける病気が歯槽膿漏です。

歯根まく

歯根まくは歯と骨の間にあり、歯のクッションの役目になっています。

セメント質

歯根を歯槽骨に固定する役割をしています。


歯ってなんだろう?

歯の種類を大きく分けると、乳歯や永久歯といった自分の歯と差し歯や入れ歯といった人工の歯に分けることができます。普通、成人した大人の歯は28本(親知らずを入れると32本)あります。この歯が20本残っていると、快適な生活が送れるといわれています。しかし、80歳まで歯が20本残っている人は2割しかいません。歯は病気や老化などで弱くなりやすい場所です。現在は義歯を入れて自然の歯と変わらないように見せることができますが、人間の歯は永久歯を失うと元には戻れません。そのため歯のケアが大切になっているんですね。

歯の役割

普段私たちは食べ物を食べたり発音するときに歯を使っています。あまり意識をしていなくても歯を使うということは、顔の輪郭を作ったり健康を維持するといった様々な役割があります。歯は体のいろいろな部分に影響を与えているんですね。

噛む
噛むことで食べ物を飲み込みやすくし、消化を良くします。ストレス解消になったり、満腹感が得られてダイエット効果もあります。唾液が分泌されて体の免疫力を高め、頭痛・アレルギー・虫歯などの予防にもなります。異物が口の中に入っても歯ざわりで認識することができます。
咀嚼する
咀嚼することで脳の血液が増加し、集中力が増したり記憶力が増すなど、脳が冴えます。顎を動かすと首や背中の筋肉を使うため、姿勢が良くなったり、顎が発達して表情を豊かにします。
歯をくいしばる
スポーツ選手は歯に力を入れたり歯をくいしばることで力を発揮します。一般の人が歯をくいしばったときは50〜70kg、スポーツ選手で80kgの噛む力を出しています。良い成績を出していたスポーツ選手の歯が弱ってきて、成績が落ち込んだという実例もあります。

歯科にはどんな種類があるの?

今は歯の治療といっても虫歯を治療するだけでなく、見た目の美しさや歯が及ぼす影響などトータルで考えられています。主な歯科には一般歯科・口腔外科・矯正歯科・審美歯科・小児歯科などがあります。

一般歯科
主に虫歯や親知らず、歯の病気に関する治療を行います。歯磨きの指導や歯石の除去などをして虫歯や歯の病気の予防をします。定期健診で歯のチェックもします。
口腔外科
歯に関わる顎・舌・唾液腺などを専門にした歯科です。最近では頭頸部外科という頭部を扱う診療科が口腔外科に近い診療を行っています。
矯正歯科
主に歯のかみ合わせを治療する歯科で、歯並びの悪さによる心身の影響を改善します。
審美歯科
歯を白くすることを専門にした歯科です。ホワイトニングやクリーニングといった名前で一般歯科や矯正歯科などと併設されていることもあります。
小児歯科
未成年を含めた小児を対象とした歯科です。保護者の方への指導や成長段階に合わせた治療が行われます。

歯で気になること

このサイトでは、「どうして虫歯ができるの?」「上手な歯の磨き方は?」という歯に関する疑問やお悩みに対して、それぞれの立場の人の視点に立って年代別にお答えします!

基礎となる歯と歯茎
歯の種類や歯がどのように構成されているのかなどを紹介します。歯の構造/乳歯/永久歯/親知らず/歯茎/歯の神経
子供の歯の治療と予防
歯を健康に保つには、子供の頃からのケアが大切です。歯医者さんでの治療方法・予防方法にはどんなことをするのか?お家でどんなことに気をつければ良いのか?を紹介します。虫歯/フッ素/キシリトール/シーラント/歯並び
大人の歯の症状と治療
子供の歯と大人の歯はどのように違うのか?かかりやすい歯の病気などを紹介します。口内炎/歯周病/歯槽膿漏/歯肉炎/知覚過敏/歯垢と歯石/プラーク/インプラント/顎関節症
年配者の歯の症状と治療
入れ歯や差し歯の取り扱いや自分の歯と人工の歯の違いについて紹介します。8020運動/入れ歯/部分入れ歯/差し歯/舌痛症
歯磨きについて
歯磨きグッズの選び方や年代別歯の状態に合わせた歯磨きの方法を紹介します。歯ブラシ・歯間ブラシ/電動歯ブラシ/歯磨き粉/世代別 歯の磨き方