ホームサイトマッププライバシーポリシー
歯の治療マニュアル

親知らず

親知らずとは、永久歯のところでも説明しましたが、第三大臼歯、つまり、一番奥に生える4本の歯のことを言います。と、これくらいは誰でも知っていることですね。他に、親知らずのイメージを聞いてみると、「親知らずが生えてこない人もいる」とか、「親知らずは出てきたら抜かなきゃいけない」とか、「親知らずを抜くときはとんでもなく痛い」とかになるでしょう。

親知らずはなぜ親知らずと言うのか?

親知らずは、他の永久歯と異なり、いまいちよくわからない時に生えてきます。大体、親知らずが生える人は20歳前後には生えてくるようですが、人によってはもっと遅く、忘れた頃に生えてくるという非常に困った代物です。

他の永久歯は、乳歯の生え変わりも含めて、親が結構気にしているものですが、親知らずの場合は、もう既に他の永久歯が生え終わっており、親も子供の歯のことを気にしなくなった頃に突然生えてくることから「親が知らないときに生える→親知らず」と言われるようになったようです。

ちなみに、親知らずのことを別名で「智歯」とも言います。これは親知らずを英語でwisdom toothと呼ぶことから付けられた名前です。このwisdom toothという呼び名も、知恵がついて物の分別がつくようになった頃に生えてくることからその名が付けられたらしいです。

親知らずは生えてこなくても問題なし

親知らずは今までも述べていますが、生えない人も結構います。大体4人に1人くらいの割合で親知らずは生えてこないようです。これは、親知らずの必要性が薄いため退化しているからだと考えられています。そのうち人間から親知らず自体がなくなる日も来るかもしれませんね。

従って、親知らずが生えてこないからといってもその部分に何の問題もなければ別に気にする必要はありません。親知らずが生えてこなくても、他の歯が揃っていれば大丈夫です。生えてこないことで問題になるとすれば、親知らずは生えてきてないのに親知らずの部分が痛むとか腫れるとかのトラブルを起こしたときです。

親知らずが厄介な理由

親知らずは、違うのは生えてくる時期くらいで、基本的には他の永久歯と全く同様です。歯の構造も他の歯よりも若干質が劣る程度で、それ以外は特筆すべきこともありません。では、なぜ親知らずはこんなにもイメージの悪い歯として定着しているのでしょうか。それは、親知らずに関するトラブルが余りにも多いからだと思われます。

親知らずは変な形で生えてくるケースが多い
親知らずは、先ほど述べたように、他の永久歯が全て生え揃ってしばらくした後に生えてきます。親知らずが生えようとする時には、他の永久歯で既に口の中が満員状態になっていることが多く、その場合、親知らずが生えようと思っても生えるスペースがありません。そのスペースのないところに無理やり親知らずが生えようとしますから、どうしたって無理な形になってしまうのは容易に想像がつくでしょう。斜めに生えてきたり、真横に伸びて歯茎が思いっきり腫れてしまったりと、困った事態を引き起こすわけです。変な形で生えてしまうと、噛みあわせにも深刻な問題を引き起こしてしまいますね。ちなみに、私の親知らずは運よく4本とも普通の形で生えてきましたが、それでも生えかけの頃は歯茎が圧迫されて、非常に痛かったことを覚えています。
親知らずは虫歯になりやすい
虫歯は、前歯よりも奥歯にできやすいのはわかると思いますが、奥歯の中でも最奥に位置し、他の歯よりも質の劣る親知らずは全ての歯の中でも最も虫歯になりやすい歯です。奥歯が虫歯になりやすいのは、それだけ奥歯のケアが難しいという面もありますが、親知らずは場所が場所だけに最もケアしにくい歯です。しかも、親知らずは他の永久歯と比べて質が劣っていますから、当然虫歯になると進行が他の歯よりも早いです。生えてくるときには痛く、生えてきても余り役に立たない、そのくせ生えたら生えたで虫歯になりやすい、こんな歯ではイメージが悪くなるのも当然かもしれません。
親知らずはまともに生えてきても問題となるケースがある
親知らずは生えてくる人と生えてこない人がいるというお話はしましたが、これを少し深く考えてみると、人によっては4本全ての親知らずが生えずに、1本とか2本しか生えてこないこともあるわけです。例えば、左奥下の親知らずは生えたけれども、左奥上の親知らずが生えてこなかったとしましょう。この場合、左奥下の親知らずと噛みあう歯がないので、直接上の歯茎と噛みあってしまうわけですね。そうなると、左上の歯茎が傷つけられて、痛んだり、炎症を引き起こしたりすることもあるのです。また、噛みあわせに対応する歯が存在しないので、何とか噛みあわせようとすることによって歯全体の噛みあわせが崩れ、顎関節にまで影響を及ぼし、顎関節症になる場合もあります。仮にまともに親知らずが生えてきたとしても、他の親知らずの状況次第では問題になってしまう時すらあるのです。

親知らずは抜歯しなければいけない?

と、以上のように親知らずは何らかの問題を抱えているケースが多く、仮になくても問題にならない歯であることから、「親知らずが生えてきた=抜歯しなければいけない」と安易な式が成り立ってしまっているものと思われます。しかし、親知らずが生えていてもトラブルを引き起こしていない場合には、抜く必然性は全くなく、むしろ歯が4本増えたと喜ぶべきことなのです。従って、私のように運よく無事に親知らずが生えた場合には何も気にすることはないのです。とはいっても、若い頃は問題ではなかったのに、高齢になってから問題になって親知らずを抜かざるを得なくなったケースもあるので安穏としていられないのも事実ですが。親知らずの抜歯を考えなければならないのは、その親知らずが何らかのトラブルを引き起こしているときです。

親知らずがあることによって深刻な問題が起こっている場合
例えば、親知らずが斜めに生えてきて噛みあわせが異常に悪くなったり、歯茎が痛む状態だったり、他の歯を圧迫して違和感があったりした場合、歯の重要な機能である咀嚼に問題がおこりますから、抜歯を検討しなければなりません。
親知らずが深刻な虫歯になった場合
他の歯以上に虫歯になりやすい親知らずは、その分深刻な虫歯になるケースも多いです。他の歯の場合はなくなると問題があることが多いので、どうしようもない虫歯ということでもなければ抜くという選択肢はほとんど採用されませんが、なくても問題のない親知らずは抜歯した方が早いとされる場合もあります。
親知らずが歯茎の中に埋もれてしまい歯茎が痛んでいる場合
親知らずは変な形で生えることが多いですが、これが極端になると、真横に生えてしまって、親知らずはあるんだけれど歯茎の中に埋没しているケースもあります。この場合も埋没している親知らずは邪魔なだけなので、抜歯を検討することになります。

親知らずを抜くのは痛い?

こう言ってしまうと身も蓋もないですが、どんな歯でも抜くのは痛いに決まっています。今まで見てきたように、親知らずを抜く時は、抜く以前から親知らずや他の歯や歯茎に何らかの問題を引き起こしていることがほとんどですから、余計に痛むというイメージが付きまとっているのでしょう。こればっかりはどうしようもありません。非情な言い方になってしまいますが、そのまま放っておいて延々と痛むのに耐えるか、親知らずを抜いたときの激痛を我慢してその後楽になるかの2択です。

痛む状態で放置していると、状況は悪化することが多く、他の歯や歯茎までも傷めてしまい、収拾がつかなくなることも多いようなので、親知らずに問題がある場合には、抜いた方が後々のことを考えるといいのかもしれません。

何にしても、親知らずに問題が起こった場合には、歯医者さんに行って相談するのがいいでしょう。歯医者さんは親知らずのトラブルは嫌になるほど見てきており、その対処法もわかっています。あなたの親知らずに対してどのような治療をするのが一番いいのか、適切な判断をしてくれると思います。