ホームサイトマッププライバシーポリシー
歯の治療マニュアル

シーラント

ここまで、虫歯の予防方法についていくつかお話してきましたが、フッ素でコーティングするのは剥がれてしまったら膜を貼りなおさなければなりませんし、キシリトールは虫歯の要因を減らすだけなので、これだけで虫歯予防につながるかどうかは微妙なところです。特に、奥歯の噛みあわせ部分は形もいびつですし、フッ素もなかなか塗りにくく、また、常にこすれている状態なので剥がれ落ちやすくなっているでしょう。勿論、フッ素やキシリトールだけでも虫歯予防に役立つことは役立ちますが、これをさらに補ってくれる虫歯予防方法があればいいですよね。そのような中、地味ではありますが、一部で注目されているのがシーラントです。

シーラントとは

シーラントとは、簡単に言うと、奥歯の噛みあわせの部分にプラスチックを埋め込んで、その部分を虫歯予防しようという方法です。フッ素塗布がフッ素の膜によって歯を虫歯から守るのと理屈は同じです。膜を作る場所と膜にする材料が違うだけです。

シーラントをすることを考えるケース

シーラントは、その性質上、虫歯ができやすい時期・虫歯ができやすい場所にするのがいいと言われています。そのため、一般的には子供の第一大臼歯に施されることが多いです。子供の第一大臼歯は、以前にも述べたように6歳頃には生え始めてきます。この時期は、まだ子供が自分で満足に歯のケアをすることができないことが多く、虫歯になりやすいです。また、第一大臼歯は、生えてくる時期が時期なだけに、永久歯ではなく乳歯だと勘違いされている方も結構おり、親の方もこの歯に対する注意が余りなされない場合もあります。

生え始めの永久歯は虫歯になりやすいというお話もしましたよね。しかも、第一大臼歯は人間の歯の中で最も大きい歯であり、我々が生きていく上で非常に重要です。虫歯になりやすい・ケアが散漫になりがちである・生きていくのに非常に重要である、これだけの条件が揃っていますから、第一大臼歯は虫歯に対する予防を十分に行わないと、大変なことになってしまいます。

以前、私の歯の神経を抜いて虫歯治療したというお話をしましたが、この歯は左下の第一大臼歯です。ちなみに、私の歯は第一大臼歯4本とも虫歯になってしまって治療しています。誰も私みたいになりたくはないですよね。一番いいのは、歯磨きなどで十分に歯のケアをすることですが、先ほど述べたように、なかなかうまくいくものではありません。そのため、虫歯を予防するためにシーラントを行うことが提唱されているのです。

シーラントの方法

シーラントの方法は非常に単純で、シーラントをする歯の溝をきれいにし、そこにレジンを貼り付けるだけです。レジンというのは、軽い虫歯の治療の時につめるあの白いやつです。要は、シーラント処理をする歯に虫歯で削ったところと同じ処理をするだけですね。とはいっても、シーラントするときに歯を削るわけではありませんから心配はありません。シーラントのために何度も歯医者さんに通う必要はなく、大体が1回で済みます。

シーラントの注意事項

シーラントは、虫歯予防の方法として役には立ちますが、あくまでもシーラント処理をされた部分にのみ効果が期待できますから、噛みあわせの部分が虫歯から守られても、それ以外、例えば歯と歯の隙間などには効果がありません。シーラント処理をしたからといって歯のケアをしなくても虫歯にならないわけではありませんので注意が必要です。また、シーラント処理をする前の歯の洗浄が十分でないと、そこに虫歯菌が残った状態でシーラントされてしまいますから、その場合はシーラントしていても何の意味もありません。まあ、この辺りは歯医者さんもちゃんと心得ていて、適切な処置をしてくれるでしょうが。シーラントしたといっても、未来永劫レジンが貼り付いているわけではなく、何かの拍子に剥がれてしまうこともあり、そうなった場合はシーラントの効果が当然なくなりますから、その点も注意が必要です。また、シーラントするということは、本来の歯に手を加えてしまうことになり、自然に持っている噛みあわせをずらすことになります。現に、噛みあわせに問題があることから、シーラント処理を否定している歯医者さんも一部にはいるようです。このように、シーラントをすることに何の問題もないというわけではありませんから、もし虫歯が心配で、シーラントしようかな? と思った場合は歯医者さんとよく相談しましょう。シーラントするのもいいですけど、シーラントしなくても大丈夫であればシーラントしないにこしたことはないですからね。