ホームサイトマッププライバシーポリシー
歯の治療マニュアル

歯垢と歯石

よく歯垢とか歯石っていう言葉を聞きますが、この違いが何なのか知っていますか?最近になって「歯医者さんに歯石を取ってもらわなきゃ」という言葉を耳にするようになりました。でも、本当に大切なのは歯石を作らないことなんです。

歯垢と歯石ってどんなもの?

歯垢とは
歯垢は、口の中で繁殖した細菌がねばねばした物質(歯牙細菌苔=プラーク)とともに歯にくっついているもので、細菌のかたまり(バイオフィルム)と呼ばれています。歯の表面や歯と歯茎の間にたまっている白いものです。この歯垢には1gの中に1億個以上の細菌が入っているんです。歯垢は歯磨きのときに歯ブラシで取り除きます。しっかり歯磨きができていないと、いつまでも歯垢が残ることになり、口臭・虫歯・歯周病などの原因になってしまいます。
歯石とは
歯垢を口の中にためておくと、唾液中のカルシウムによって硬くなります。硬くなるとなかなか歯磨きでも取れなくなります。これを歯石といいます。歯垢から歯石になる期間は2日間といわれています。結構短い期間ですよね。歯石は歯垢の塊ですから、歯垢が取れていても歯石が残っていたのでは何の意味もありません。歯肉縁より上にできる歯石を歯肉縁上歯石(白黄色)といい、歯肉縁より下にできる歯石を歯肉縁下歯石(黒色)といいます。
歯垢や歯石を放っておくとどうなるの?
歯石を放っておくと歯茎が腫れたり、痛んだり、硬いものが食べにくくなったりといった症状が表れます。更にその上に歯垢がたまっていき、大きな塊になることもあります。歯肉に負担がかかって歯周病の原因になります。細菌がたまっていき、体の内部に入ると様々な病気を引き起こします。歯石取りの道具も売られていますが、細部まで自分で取るのは難しいものです。歯周病を予防するためにも、歯垢や歯石を取ることは大切なことなのです。鏡でこまめにチェックしておきましょう。

家でできる歯垢チェック

歯医者さんに見てもらう前に、自分でできるチェック方法を紹介します。

  1. まず、いつも通りに歯磨きをします。
  2. 歯垢チェックの錠剤や液体を歯全体に行渡らせます。
  3. 軽く水でゆすぎます。
  4. 赤く染まったところが歯垢です。重点的にもう一度歯磨きをします。

歯石の除去・治療

歯石の取り方には、症状や歯肉縁上歯石と歯肉縁下歯石で方法が異なります。しかし、どちらかが欠けても効果は長続きしません。

スケーリング
歯肉縁上の歯石を鎌型スケーラーや超音波スケーラーという道具を使って除去します。早いうちから行います。
ディープ・スケーリング
歯肉縁下の歯石を鋭匙型スケーラー(キュレット)、超音波スケーラーを使って除去します。プラークコントロールがある程度できてから行います。
スケーリング&ルートプレーニング(S&R)
歯肉縁下の歯石除去と根面の処理を行います。ディープ・スケーリング同様、プラークコントロールができていないと効果が表れません。
歯肉掻爬術(P-Cur)
歯周ポケットが深く、症状が重い場合に歯肉縁下の歯石と炎症部分の除去を行い、歯周ポケットを浅くします。

歯垢・歯石の予防

歯垢や歯石を作らないためには、お家での歯磨きが欠かせません。ためこむ前に予防するのが大切です。歯垢や歯石が溜まりやすい場所を確認しましょう。