ホームサイトマッププライバシーポリシー
歯の治療マニュアル

インプラント

インプラントは今最も注目されている人工歯です。義歯には入れ歯やブリッジなどがありますが、これらの歯とインプラントはどのように違うのでしょうか。あまり知られていないインプラントについて紹介します。これから義歯を入れたいと考えている方は、是非インプラントも検討する必要があるでしょう。

インプラントとは?

もし、大切な永久歯が何らかの理由でなくなってしまったら、もう二度とそこに歯は生えてきません。もしこれから歯が抜けたり欠けたりし続けるのであれば、どんどん歯並びが悪くなって顎の骨は細くなり、体全体への影響もおおきくなります。抜けた歯を新しく作るには、入れ歯やブリッジ、歯牙移植があります。歯牙移植なら自分の歯を使うので自然に見えますが、必ずできるものではありません。長持ちして自然な歯に近い義歯がインプラントです。インプラントは顎の骨に埋め込むので硬いものが食べやすい、噛む力があるので体全体にも良い影響を与えるといったメリットがあります。

義歯の種類

入れ歯
入れ歯を使うと噛む力が弱くなってしまいます。何かを食べようとするとずれたりすべったりして食べにくいです。他の歯への負担がかかり、将来の歯の損傷が考えられます。短いスパンで見ると入れ歯は治療費が安く、手軽で便利なんですけどね。
ブリッジ
両側の歯で義歯を固定するため、両方の歯を削る必要があります。両側の歯にとっては負担がかかり、将来の歯の損傷が心配されます。見た目は自然の歯のようできれいなのですが、長い目で見るとリスクがあります。
歯牙移植
抜かなければならない歯があり、親知らずなど健康で不要な歯があった場合、その歯を抜いた歯へ移植することをいいます。将来的に移植した歯が虫歯になったり歯が抜ける可能性があります。しかし、健康な歯を削ったり入れ歯にする必要がなく、インプラントより費用が安く済みます。
インプラント
インプラントは顎の骨に埋め込むので、噛む力が自然の歯のようによみがえります。見た目がきれいで、自然の歯を見分けがつきにくいです。インプラントの場合は保険適用外となるので、高額になることもあります。

症状によるインプラント治療の種類

骨結合型インプラント
チタンを顎の骨に埋め込む一般的な方法です。チタンは骨と結合し、安定感があります。体の防衛反応により、結合しないこともまれにありますが、他の人工素材に比べると高い成功率があります。
歯を1本失った場合
失われた歯1本に対してのインプラントは、周りの自然の歯に囲まれて違和感がありません。見た目にも美しく周りの歯への負担がかかりません。
歯を数本失った場合
数本の歯に対しても、1本1本インプラントを埋めることができます。骨の状態によっては骨移植や骨再生誘導などによって骨を作ってから治療をします。患者の希望によっては費用を抑える方法や歯を残す方法などを考えてもらえるので、詳しい治療方法は歯科医と相談してください。
歯がまったくない場合
歯がまったくない場合でも、維持装置を使って歯を連結し、固定することができます。

インプラントの費用

治療を受ける前に
インプラントは自費診療のため、歯科医院によって価格が異なります。義歯の素材にもよりますが、平均1本40万円といわれているので決して安いものではありません。見積もりを出してもらってから治療を受けましょう。
医療費控除
インプラントは医療費控除の対象です。1年間の総額が10万円を超えた場合は治療費と所得金額に応じて所得税が軽減されます。領収書が必要になるのできちんと保管しておきましょう。
支払い方法
支払い方法には現金一括払いや分割払い、ローンもあります。支払い時期や支払いの期間も決まっているので歯科医院で確認してください。

インプラントに関する不安

痛みについて
手術の間は麻酔を使い、手術後痛み止めを飲むので痛みはありません。本数によっては腫れることがあります。
体の影響について
チタンという金属を顎の骨に埋め込むことになりますが、チタンを埋め込むことによる体の影響は今のところ聞いたことがありません。特にチタンは骨と接合しようとする素材です。失敗の確立はとても低いのであまり心配しなくても良いでしょう。
心構え
手術というとどうしても不安になったり緊張してしまいます。しかし、スムーズに手術を行うためには、手術を受ける人が体調を整えるのが大切です。もし、何かしていないと不安で仕方がないという人は、睡眠や食事をしっかり取って歯磨きをする。これが基本です。手術がスムーズに行われることを考えて、少しでも不安を取り除いてください。
用意すること
当日は汚れても良い服装で、お化粧は控えてください。食事を取ったら歯磨きは念入りに行います。また、服用している薬があればそれを持っていき、事前に担当の歯科医に相談します。

インプラントの治療

インプラントの手術では、1回法と2回法があります。1回法は骨がしっかりしていて、すぐに治療したい人に向いていますが、インプラントが骨と接合する前に歯を使うことになり、注意が必要です。2回法は時間がかかり、歯肉を2回開くことになりますが、細菌感染の心配や治療中の歯の負担が軽くなります。

準備
診察・レントゲン撮影などを行い、治療の計画を立てます。必要に応じて歯の治療を行います。
一次手術
歯肉を開いて顎の骨にインプラントを埋め込み、歯肉を閉じます。インプラントが顎の骨に接合されるまで期間をおきます。その間は仮歯で過ごします。
二次手術
インプラントのヘッド部分を出し、義歯を接続できるようにします。型を取って義歯を作成し、インプラントに装着します。
メンテナンス
その後、歯医者さんにブラッシングの指導を受け、定期的にインプラントのチェックを行います。

一刻も早く信頼できる歯医者さんを見つけ、本当の笑顔を取り戻せますように!