ホームサイトマッププライバシーポリシー
歯の治療マニュアル

歯槽膿漏

歯槽膿漏とは一般的に歯周病のことをいいます。歯周病は大きく分けて初期の歯肉炎、中等度〜重度の歯周炎に分けられます。しかし、歯周病の軽度を歯肉炎、中等度を歯周病、重度を歯槽膿漏という場合もあります。重度の歯周病として歯槽膿漏について理解し、自分の歯を維持しましょう。

歯槽膿漏ってどんな病気?

歯槽膿漏とは、正しくは慢性辺縁性歯周炎のことをいいます。歯肉・歯根膜・歯槽骨・セメント質を歯周組織といいます。歯周組織の病気を総称したのが歯周病です。

歯槽膿漏は、歯周病としてひとくくりにされることもありますし、中等度〜重度または重度のみを歯槽膿漏といったりと曖昧です。歯周病は歯肉に炎症が起きる歯肉炎から歯周組織へ及ぶ歯周炎へと進行しますが、歯周病の末期といわれる歯槽膿漏は歯がぐらぐらしたり、膿が出ている状態です。歯槽骨という顎の骨が溶け、一度溶けてしまった骨は元に戻りません。歯が抜ける頃には歯の神経は腐って痛みもなく抜けてしまいます。

歯槽膿漏の症状
  • 舌や歯の汚れ、虫歯などによって口臭がします。
  • 出血があります。歯周病の初期から見られる症状です。のちに歯磨きのたびに出血するようになり、歯に食べ物が挟まりやすくなります。
  • 歯垢や歯石がたまると歯肉や顎が腫れる原因となります。歯肉炎の症状です。
  • 歯周ポケットに汚れがたまりやすくなり、膿の袋(盲のう)ができます。
  • 歯がぐらぐらします。歯槽骨が溶けている状態です。左右にぐらつくだけなら歯を残すことができますが、上下にぐらつくと最終的には歯が抜けるようになります。
  • 重度になってやっと歯が痛くなります。
  • ピンク色だった歯肉が黒っぽくなります。

歯槽膿漏の治療方法

歯周病や歯槽膿漏の治療には、必ず歯垢や歯石を取る治療が行われます。歯医者さんでの治療も大切ですが、患者さんの歯磨きが大きな結果となって返ってきます。

薬を使った治療には、薬を塗って細菌が入らないようにする治療法や、中等度の歯槽膿漏は薬で歯周ポケットを洗浄する治療法があります。
歯周外科手術
歯周外科手術は歯肉切除手術や歯肉剥離掻爬手術(しにくはくりそうはしゅじゅつ)のように悪くなっている部分を取り除いたり歯周組織を再生・移植する手術などがあります。症状が進んでいる場合に行われます。
歯肉切除手術
歯肉切除手術は、歯肉が腫れた場合に歯周ポケットを取ってしまう手術です。膿の袋(盲のう)を持つ肉芽部分を切除し、縫い合わせます。手術後は歯の包帯をして痛みを防止します。
歯肉剥離掻爬手術
細菌が入らないように歯肉を切開する手術です。フラップ手術ともいって、歯周ポケットが深い場合、歯肉をはがして膿の袋(盲のう)を持つ肉芽部分や歯肉を切除し、歯石を取ったり歯槽骨を治療します。
歯周組織を再生する手術(GTR)
歯周組織に遮断膜という薄い膜を被せ、歯周組織を再生させる手術です。遮断膜を被せることができる場所が限られているので、誰でもできるものではありません。エムドゲインという特殊な液体で再生する方法もあります。
メンテナンス
手術が終わった後でも定期的に歯肉の様子や歯石がついていないかなどチェックをします。メンテナンスを受けた人と受けない人ではその後の症状に明暗が分かれます。

歯槽膿漏の予防

歯周病や歯槽膿漏はかなり進行してから気づくこともあります。早期発見をするためにも、お家で歯槽膿漏の予防をしておきましょう。

歯槽膿漏になった人もなったことがない人も、自分の歯を維持していきましょう!