ホームサイトマッププライバシーポリシー
歯の治療マニュアル

部分入れ歯

歯がほとんど抜けてしまうと、総入れ歯せざるを得なくなるのは仕方ありませんが、できることなら、自前の歯は残したいものです。特に、ひどい虫歯や歯周病になってしまって一部分の歯を数本抜いてしまったり、不慮の事故などにより歯が数本折れてしまって抜かざるを得なくなったりと、他の歯は健康だけれども数本だけ歯がないというケースも起こりがちです。そのような場合は、総入れ歯ではなく、部分入れ歯で治療することになります。

部分入れ歯の適応症例

部分入れ歯は、文字通り、一部分だけを入れ歯にするものです。部分入れ歯は、他の自前の歯は問題ないとしても、どこか1ヶ所の歯がまとまってなくなってしまった場合によく行われる治療法です。従って、冒頭で述べたように、何らかの理由によって、一部分の歯が数本欠落した場合に行われます。歯が1本だけない場合には、噛みあわせや実生活に問題がなければ、そのまま放置することもあるようですが、数本まとまってない場合は、そういうわけにもいきませんので、部分入れ歯が施されます。

部分入れ歯の形

部分入れ歯は、前歯・奥歯、両方のものがあり、形は当然違いますが、仕組みは全く同じで、歯が抜けている部分の両側の歯に金属製の型で固定するようになっています。部分入れ歯になっているところは、総入れ歯と同じくプラスチックなどで作ります。また、部分入れ歯が必要な場所が点在している場合でも、正常な歯は残す形で作る特注の部分入れ歯なども作ってもらうことができます。

部分入れ歯の費用

部分入れ歯も入れ歯の一種ですから、総入れ歯と同様に、保険がきく部分入れ歯と自費で入れる部分入れ歯があります。そして、その費用も当然自費で入れる部分入れ歯のほうが高いです。また、先ほど説明した、入れ歯の部分が点在している形の部分入れ歯の場合は、通常の部分入れ歯よりも高額になります。しかし、総入れ歯ほど高額にはならないのが普通です。

部分入れ歯のメリット

総入れ歯に比べて、部分入れ歯には大きなメリットがいくつもあります。

健康な歯はそのまま残っている
総入れ歯の場合は、状況によっては健康な歯を抜くケースもあるといいましたが、部分入れ歯の場合はそのようなことにはなりません。あくまでも歯のない部分だけが部分入れ歯になりますから、入れ歯になっているところ以外は通常の歯がちゃんと残ります。
部分入れ歯の改造が容易である
総入れ歯の場合は、年月とともに口が変形し、入れ歯が合わなくなると作り変えなければならなくなりますが、部分入れ歯の場合は、仮に口が変形して形が合わなくなったとしても、部分入れ歯を改造することによって、その後も同様に入れ歯として使うことができますから、費用の負担も少なくなります。
部分入れ歯は総入れ歯よりもしっかり固定できる
総入れ歯は、口の中に総入れ歯をとめておくための引っ掛ける部分などはなく、入れ歯と歯茎の吸着力だけが頼りですが、部分入れ歯の場合は固定されている自前の歯に引っ掛ける形になっていますから、口の中でずれたり、違和感が起こったりするケースが少なくなります。気になる場合は、入れ歯安定剤をつければ大体が改善されます。

部分入れ歯の注意事項

部分入れ歯は入れ歯の一種なので、その手入れ方法も基本的には総入れ歯と全く同じです。夜外し、よく洗浄して使っていれば問題はそれほどないでしょう。部分入れ歯のと頃に違和感が出てきた時は、多少口の中が変形したのかもしれませんから、歯医者さんに行って相談し、部分入れ歯を改造してもらえばいいと思います。

部分入れ歯ということで注意が特に必要なのは、金属製の枠を使って健康な歯に引っ掛けて使いますから、部分入れ歯を引っ掛けている歯が傷つきやすくなるということです。歯に傷がついてしまうと、その歯は虫歯など劣化しやすくなりますから、十分ケアしなければなりません。

今までのページでも説明しましたが、歯が抜けたときの治療法としては、総入れ歯やインプラントもありますが、時間もかからず、費用も割と安価で済む部分入れ歯は注意深く使っていれば非常に便利なものだと思います。