ホームサイトマッププライバシーポリシー
歯の治療マニュアル

入れ歯

年配の方であれば、多くの人が入れ歯のお世話になりますね。歯は消耗品であり、しかも常に使うものですから、年齢とともに劣化していくのは仕方のないことです。どんなに歯のケアを十分に行っていたとしても、老化現象により歯が使えなくなってしまうのはある意味人間の避けることのできない宿命です。しかし、歯がなくなってしまうと生きていくうえで重大な問題を引き起こしてしまいますよね。歯がなくなったからハイそれまで、とはいかないのは誰にだってわかることです。従って、歯がなくなった場合には歯の変わりになるものが必要になるのです。

総入れ歯と部分入れ歯

年配の方であれば、多くの人が入れ歯のお世話になりますね。歯は消耗品であり、しかも常に使うものですから、年齢とともに劣化していくのは仕方のないことです。どんなに歯のケアを十分に行っていたとしても、老化現象により歯が使えなくなってしまうのはある意味人間の避けることのできない宿命です。しかし、歯がなくなってしまうと生きていくうえで重大な問題を引き起こしてしまいますよね。歯がなくなったからハイそれまで、とはいかないのは誰にだってわかることです。従って、歯がなくなった場合には歯の変わりになるものが必要になるのです。

総入れ歯と部分入れ歯

部分入れ歯とは、後のページで詳しく説明しますが、歯の一部分を入れ歯にしたものです。それに対し、全ての歯を入れ歯にしたものを総入れ歯と言います。つまり、総入れ歯というのは自前の歯が1本もない状態の時に使われるのですね。ここでは、この総入れ歯について見ていきます。

総入れ歯にするケース

基本的に、入れ歯というものは人工的な歯を作って口の中に入れるものですから、できることならばその数は少ないほうがいいに決まっています。従って、自分の歯が1本も残っていないのであればともかく、自前の歯が残っているのであればその部分は残し、総入れ歯は避けた方がいいはずです。しかし、現実には、自前の歯が残っているのにもかかわらずその歯を全部抜いて、総入れ歯にしてしまうケースが存在します。では、わざわざ自前の歯を抜いてまで総入れ歯にするのはどのような場合なのでしょうか。

歯周病がひどい場合
歯周病がひどいと、歯を支えることが困難になります。歯周病は歯を抜いてしまうと症状が治まるので、歯周病が収拾つかなくなっている場合は、歯を全て抜いて総入れ歯にするケースが出てきます。
残りの歯の寿命が時間の問題の場合
それまでに他の歯が抜けてしまっているということは、残っている歯もいずれ抜けてしまうことが予想されます。その状態のときに、仮に部分入れ歯にしたとしても、歯が抜けてしまえば新しい入れ歯を作らざるを得なくなり、手間も時間も費用も余計にかかってしまいます。それならば、先に総入れ歯にしてしまえ、という選択がされることもあります。
残っている歯がまばらな場合
仮に歯がしっかりとした形で数本残っていたとしても、その歯の位置が飛び飛びになっている場合は、歯が残っていないスペースの数だけ部分入れ歯を作らなければなりません。そうなると、やはり手間や費用の問題から、いっそのこと総入れ歯にしてしまうこともあるわけです。

総入れ歯にするという選択がされるのは、以上のケースがほとんどのようですが、これは万人に当てはまることでもありませんし、歯医者さんによってその対応も変わってきます。何にしても、入れ歯を何度も何度も作りなおすのは時間と費用の浪費につながりますので、入れ歯を作るときには信用できる歯医者さんにしっかりとしたものを作ってもらうことが必要です。

総入れ歯の種類と費用

ただ単に総入れ歯といっても、その種類は入れ歯の素材によってたくさんの種類があります。最近は、入れ歯の研究が進んでいることもあり、日進月歩で新しい総入れ歯が作られているような状態ですが、ここで、代表的な入れ歯とその費用について見てみましょう。

保険入れ歯
健康保険が使える入れ歯なので安いですが、保険適用のため制限が多く、その素材は歯も歯茎の部分もプラスチック製です。とりあえず安く作れる入れ歯ということになると思います。
自費入れ歯
保険を使わず、自費で作る入れ歯です。費用はその素材によって大きく変わります。素材として、歯は基本的にプラスチックですが、歯茎の部分に金属(チタン・クロム・ステンレス・金など)が使われています。しかし、いずれにしても自費で入れる入れ歯なので、費用も10万円以上するものが多いです。

どちらの入れ歯がいいとは一概には言えませんが、保険入れ歯はあまり融通がきかないようなので、しっかりとした入れ歯にしたいときには、多少お金はかかっても自費で入れ歯を入れたほうがいいかもしれませんね。何にしても、入れ歯は自分自身のためのものなので、自分が納得できる入れ歯を選びましょう。

入れ歯の手入れ

歯は、常にケアをしておかないといけませんが、入れ歯も同様で、常に十分なケアをする必要があります。しかし、入れ歯は自分の歯ではないので、当然ケアの方法も違います。

夜寝る前には入れ歯を良く洗う
寝ている間は、歯を使うことがありませんから、入れ歯をつけておく必要はありません。寝ている間に、入れ歯が外れてしまって大変なことになるケースもあります。そこで、寝る前には入れ歯を外します。そして、その入れ歯を十分に洗浄することが大切です。この時、歯磨き粉は使わないようにしましょう。洗浄した後は、70度程度のお湯(80度以上はダメ)に1分間つけると入れ歯についた細菌がしんでしまうらしいので、実行してみてもいいでしょう。入れ歯の洗浄が終わったら、次に入れ歯をつけるときまで水の中などにつけておきます。そうしないと、入れ歯が割れてしまうことがあります。
入れ歯が汚れてきたら酸素系の漂白剤で洗う
基本的に、入れ歯を歯磨き粉で洗ってはいけません。歯磨き粉には研磨剤が入っており、入れ歯のプラスチックが削られてしまうからです。そこで、入れ歯の汚れが気になってきたときは、漂白剤で洗いましょう。とはいっても、塩素系の漂白剤は体に悪いので、使用してはいけません。体に害のない酸素系の漂白剤を使いましょう。

入れ歯にトラブルが起こったら

入れ歯は、入れ歯を作るときの口の中にあわせた形で作りますから、時とともに口の中の形が変化して、入れ歯が合わなくなってくることがあります。入れ歯が少し安定しないというのであれば、入れ歯安定剤を使って入れ歯をつけるという方法でもいいでしょうが、噛みあわせに問題が生じてきたり、入れ歯によって口の中が傷つけられたりするような場合には、すぐに歯医者さんに行って見てもらいましょう。

入れ歯がちゃんと機能しないと、様々な問題を引き起こしてしまうのは、歯が機能しないと問題があるのと同じです。入れ歯による悪影響が大きくならないうちに、しっかりとした歯医者さんに治療してもらうのが大切です。たかが入れ歯、されど入れ歯なんですよ。