ホームプライバシーポリシー
歯の治療マニュアル
このページをTwitterで共有する
このページをGoogle+で共有する
このページをはてなブックマークでブックマークする

知覚過敏

虫歯ではないのに歯がしみることってありませんか?人によって軽いものだったりすごく痛いものだったりします。日本では4人に1人が知覚過敏の症状があるそうです。歯がしみるというのは一体どういうことなんでしょうか。

[スポンサードリンク]

知覚過敏とは?

知覚過敏とは正しくは象牙質知覚過敏といって冷たい飲み物を飲んだときにしみる症状をいいます。このほかにも歯磨きのときに一時的に歯が痛むとか、熱い飲み物がしみるというのも知覚過敏の症状です。歯の表面が削れたり歯根が露出することで、しみやすくなります。歯の表面が削れたり歯根が露出したからといって必ず知覚過敏の症状が表れるのではなく、唾液中のカルシウムや歯髄の働きによって痛みを感じないことや軽減されることもあります。放っておくと症状が悪化して痛みが持続するようになり、歯髄炎という病気になることもあります。

知覚過敏の原因

ではなぜ歯の表面が削れたり歯根が露出するようになるのでしょうか。知覚過敏の原因は力を入れて歯磨きをしたり、虫歯や歯周病など様々な原因が考えられます。歯磨き粉には研磨剤が含まれていて、力いっぱい歯磨きをしたときに、歯のエナメル質が削れてしまうことがあります。歯磨きで歯肉を傷つけることで知覚過敏になることもあります。また、歯垢によってエナメル質に覆われていない歯根が露出すると、刺激が伝わりやすくなります。眠っているときに歯軋りをしている人も歯に負担がかかって歯根のセメント質が割れたりはがれやすくなります。

知覚過敏のしくみ

歯の表面
歯の構造を見てみましょう。エナメル質の下には象牙質があります。象牙質はエナメル質よりやわらかい物質です。象牙質の中には象牙細管という細い管が放射線状に歯の神経(歯髄)に向かって広がっています。刺激は象牙細管を通って神経に伝わり、脳に痛みとして情報を送ります。エナメル質が削れて象牙質が露出した状態では、刺激が直接伝わってしまうので、痛く感じるんですね。
歯根部分
次に歯根部分を見てみましょう。歯根の象牙質は、エナメル質よりもやわらかいセメント質で覆われています。もし歯根部分が露出したら、セメント質は欠けやすいので歯根の象牙質も刺激を受けやすく、しみるようになります。

知覚過敏の治療

知覚過敏の治療法には、知覚過敏の進度によって薬を使ったり、詰め物を詰めたり、虫歯や歯周病を治療するといった方法があります。刺激が伝わる原因を考え、根本から治療する必要があります。

歯磨き
知覚過敏対応の歯磨き粉で歯磨きをします。フッ素入りの歯磨き粉でも効果があります。軽症の場合はこれだけでも効果があります。
薬を塗る
歯の象牙質にセメント類を塗って刺激が伝わりにくいようにします。歯磨き治療を合わせると効果が表れます。
詰め物を詰める
歯の表面が削れていたり、損傷が大きい場合は詰め物を詰めて刺激が伝わるのを防ぎます。
歯の神経を抜く(抜髄)
重症の場合は歯の神経を抜きます。歯の神経を抜くと歯はもろくなってしまうため、最終手段として用いられます。
そのほか
イオンを導入したり、レーザー治療で歯垢をためにくくするといった治療法もあります。
[スポンサードリンク]

知覚過敏の予防

知覚過敏を予防するには、歯肉を傷めるような生活をしないことがポイントです。知覚過敏の予防をしているうちに、第二象牙質(歯根が作られた後の象牙質)が形成され、象牙細管では石灰が沈着し刺激が伝わりにくくなるなどの変化が出てきます。

正しく歯磨きをする
力を入れすぎない、歯磨き粉を使いすぎない、使うとしても知覚過敏対応の歯磨き粉を使うといった工夫が必要です。
食事を見直す
歯が溶けるような酸味のある食べ物を過剰に摂らないようにします。

知覚過敏はただ放っておくのではなく、予防をすることで改善されるのです。

このページをTwitterで共有する
このページをGoogle+で共有する
このページをはてなブックマークでブックマークする
ページの先頭へ