ホームプライバシーポリシー
歯の治療マニュアル
このページをTwitterで共有する
このページをGoogle+で共有する
このページをはてなブックマークでブックマークする

プラーク

食事をしていて、何となく歯がざらざらしたり、歯が溶けたような感覚ってありませんか?でも、必ず虫歯につながる訳ではありません。歯を溶かすプラークと歯を守る唾液が戦っているんですね。口の中ではどのようなことが起こっているのでしょうか。

[スポンサードリンク]

プラークってどんなもの?

プラークの特徴
プラークの特徴としては といった特徴があります。
唾液の特徴
一方、唾液の特徴は といった特徴があります。

プラークが虫歯を作るまで

症状1:脱灰
プラークは、唾液の集まりにくいところにたまり、砂糖などを利用して酸を作ります。そこからカルシウムなどのミネラルを奪います。これを脱灰といいます。すると、プラークに覆われている歯の表面はざらざらになります。そしてそのままにしていると、歯のエナメル質がやわらかくなって小さな穴が開きます。そこにいろんな細菌が入り込んで虫歯になります。このとき冷たいものがしみるようになるので、虫歯の自覚症状が表れます。
症状2:再石灰化
しかし、40~60分もすると、唾液の働きによって酸性になっていた歯の表面が中性に戻ります。穴が開いてもそこには再びミネラルが沈着し、虫歯が進行するのを防いでくれます。これを再石灰化といいます。脱灰と再石灰化は食事のたびに繰り返されますが、脱灰の力が強くなったり再石灰化の力が弱くなると虫歯は進行します。
症状3:虫歯の進行
やがて様々な条件によってミネラルが流れ出し、歯髄に炎症が起こります。温かいものがしみるようになったり痛み出したときは、かなり進行している状態です。この痛みは歯髄の痛みです。痛みが治まった頃には、歯髄は腐っているでしょう。そしてその後もプラークは骨を溶かしたり膿を持つようになります。
[スポンサードリンク]

プラークコントロールとは?

虫歯や歯周病を予防するには、プラークをためこまないようにすることが大切です。プラークがたまるということは、細菌がたまるということで、それだけ虫歯の進行が早くなります。

家庭でできるプラークコントロール
歯医者さんのプラークコントロール
このページをTwitterで共有する
このページをGoogle+で共有する
このページをはてなブックマークでブックマークする
ページの先頭へ