ホームプライバシーポリシー
歯の治療マニュアル
このページをTwitterで共有する
このページをGoogle+で共有する
このページをはてなブックマークでブックマークする

8020運動

永久歯は、年とともに徐々に劣化し、いずれは歯としての機能を果たせなくなるときがやってきます。人間に老化現象がある以上、こればっかりはいたし方ありません。特に、10代の頃から毎日毎日役割を果たしている歯ですから、なくなってしまうのも生理現象として割り切るしかありません。しかし、最近、年配になってもなるべく多くの歯を残すようにしようという運動が盛んになっています。それが8020運動です。

[スポンサードリンク]

8020運動とは

8020(ハチマルニイマル)運動とは、「80歳に20本以上の永久歯を残そう」というスローガンのもと始められた運動です。歯がなくなると、食事も満足にできなくなりますし、日常生活に支障をきたしますから、年配になって歯がなくなってしまうと、入れ歯のお世話にならざるを得なくなります。しかし、入れ歯ではなくて自前の歯が使えるのであればそれにこしたことはありませんよね。そのため、年配になってもできるだけ自前の歯を残そうということで始まったのが8020運動なのです。

8020運動の歴史

8020運動の歴史は、1989年にまで遡ります。この時、愛知県が8020運動を開始しました。この年の成人歯科保険対策検討会の報告で8020運動が取り上げられ、全国各地で8020運動が行われるようになります。その後、厚生労働省や歯科医師会も8020運動を積極的に推進し、2000年には8020推進団体も設立され、2010年までには20%以上の高齢者が20本以上の歯を残せるよう目標が定められました。

8020運動の効果

8020運動は、年配者ができるだけ多くの自分の歯を残せるようにしようという運動です。歯は食べ物を食べるときに一番使われます。従って、歯がなくなってしまった人はものが噛めるように入れ歯などをするわけですね。食べるという目的だけであれば、入れ歯であってもいいわけです。いくら自前の歯のほうがいいといっても、年配者ともなると歯周病などの問題もありますし、逆に歯を残した方がまずい場合もありますから、何がなんでも残さなければいけないわけではないかもしれません。

実際、8020運動が行われたときには、20本歯が残っていたとしても、80歳という年齢で一体どの程度健康に影響を与えるのかは不透明でした。しかしながら、最近の調査によると、80歳で20本の歯が残っている人のほうがそうでない人よりも健康的であることがわかってきました。勿論、年齢が年齢ですし、個人差もあるでしょうから、歯が健康的である理由の全てであるとは言い切れない状況ですが、今後の調査によって、8020運動と健康との関連性が科学的に証明されるかもしれません。

8020運動の実態

しかし、歯は消耗品であり、しかも年配者になるまでの間常に使用されてきているものですから、20本残すのは中々難しいようです。8020運動が提唱されて以来、徐々に歯を残せる人の数は増えてはいますが、最近の統計結果を見ても、80歳で20本以上の歯が残っている人の割合は10%程度と、依然として低い水準にあります。現に、私の伯母は80歳前ですが、既に総入れ歯状態です。2010年はすぐそこまでやってきていますが、8020運動の目標値20%を達成できるかどうかは微妙な情勢です。

[スポンサードリンク]

8020を達成するためには

8020を達成するためには、やはり若い頃から歯のケアを十分に行い、長期間にわたって健康な歯を維持するしかありません。歯が虫歯になってしまうと、その時点で歯の質が悪くなってしまいます。そうなると、若いうちはいいとしても、老化とともに歯も劣化していき、そのうち使い物にならなくなります。神経を抜いてしまった歯なんかはただでさえ崩れやすいので、年配になっても残すというのはほぼ絶望的です。

また、歯を残すためには歯茎の健康にも気を使い、歯周病を予防することも大切です。勿論、歯の老化には個人差があって、どれだけ歯をケアしても残せない人は残せないでしょうが、歯を大切に使っていればそれだけ年配者になっても歯を残せる可能性は高くなります。

既に歯がない人であればともかく、そうでない人であれば今からでも歯のケアを十分に行い、8020運動の目的が達成できるように努力すべきだと思います。

このページをTwitterで共有する
このページをGoogle+で共有する
このページをはてなブックマークでブックマークする
ページの先頭へ