ホームプライバシーポリシー
歯の治療マニュアル
このページをTwitterで共有する
このページをGoogle+で共有する
このページをはてなブックマークでブックマークする

差し歯

差し歯というのは、文字通りなくなった歯の部分に人口の歯を差すことなのですが、これだけでは入れ歯との違いが何なのか、よくわかりませんね。では、差し歯と入れ歯はどう違うのでしょうか。また、入れ歯じゃなくて差し歯にするケースはどのようなときなのでしょう。

[スポンサードリンク]

差し歯を考えるケース

実は、差し歯とはひどい虫歯を抜かずに治療したときに行われるものです。ということは、私の左のかぶせた歯なんかは下手すると差し歯の対象になっていたわけですね。しかし、私の場合は、歯の歯冠部分が多少なりとも残っていましたから、銀歯をかぶせる治療で済んだわけですが、これ以上ひどくなると、歯冠を全て取り除かなければならなくなります。そうなると、残るのは歯の根っこだけになってしまいますね。

根っこまでもが虫歯におかされていてどうしようもない時は、歯そのものを抜いて入れ歯にしてしまうのでしょうが、今まで見てきたように、歯に関して残せるものは残したいというのが普通です。特に前歯の場合は、銀歯をかぶせてしまうと、見た目にも余り良くないですよね。

そこで、歯の根っこは残せそうな場合、その根っこの上に見た目は歯とほとんど変わらない歯をつけるわけですね。これが差し歯です。他に、歯を抜いてしまって、その両脇の歯ごと固定する歯のことを差し歯という人もいますが、この方法は厳密に言うとブリッジと言われる方法で、差し歯とは違います。

差し歯の構造

差し歯は、歯の根っこは残ってはいますが、歯冠部分はほぼ存在していないので、まず、歯の根っこに人工的に作られた土台を入れます。これを、歯の歯冠の基礎とするわけです。そしてその上に、プラスチックやセラミックなどで作られた表面部分をかぶせて固定するのです。基本的に、歯の土台の部分はぐらぐらしてしまうと意味がありませんから、硬い金属製であることが多く、かなり強力なセメントなどでしっかりと固定されます。

差し歯にかかる費用

差し歯にかかる費用は、まずそれ以前の虫歯に関わる治療費と、実際に差し歯を差すときの費用がかかります。虫歯の治療費は、虫歯の程度によって変わってきますからなんともいえませんが、差し歯そのものの値段はピンきりです。このあたりは総入れ歯や部分入れ歯と同じですね。

差し歯も入れ歯と同様に、保険適用できるものと自費で入れるものとがあり、保険適用の差し歯は値段は安価ですが素材がプラスチックで、自費の差し歯はセラミックや金など様々な種類があり、素材によって値段も変わってきます。それでも、入れ歯や部分入れ歯よりは安く済むと思います。何にしても、自分の歯のことですから、歯医者さんの説明を聞き、自分が満足できる差し歯を選びましょう。

[スポンサードリンク]

差し歯に関する注意事項

総入れ歯や部分入れ歯もそうですが、差し歯にも問題が起こるケースがあります。差し歯の場合は、入れ歯と違って歯を固定しますから、外してメンテナンスして・・・というのはありませんが、それでも注意すべき点がいくつかあります。

差し歯が抜けた場合
差し歯は差し歯の土台の上に固定しておくものですが、虫歯治療でかぶせた部分が取れてしまうのと一緒で、差し歯も一定期間が過ぎたら取れてしまうことがあります。そういえば、テレビで前歯の差し歯が取れてしまって・・・なんてシーンが流れたこともありましたね。この場合は、下手に自分で接着剤などで固定するようなことはせずに、歯医者さんに行って見てもらいましょう。自分で固定しようとすると、ずれた形で固定されてしまうことがあり、そうなると噛んだときに痛んだり、ものが噛めなくなったりと、様々な問題を引き起こします。そうなってしまうと、また一から治療しなおさなければならなくなる場合もあり、時間も費用も余計にかかってしまいます。そうならないためにも、安易に自分であれこれするのではなく、専門の歯医者さんに見てもらうことが必要です。
差し歯が変色してきた場合
きれいな差し歯を入れたはずであっても、時間とともに色が劣化していき、黒くなってしまうことがあります。これは、保険適用の差し歯、つまり、プラスチック製の差し歯のときに起こる現象です。この場合は、差し歯を交換するしかありません。プラスチック製の差し歯は、劣化も早いため、変色もしやすく、形も変わりやすいようです。従って、何度も何度も歯医者さんに行くのがいやだという人は初めから自費で差し歯を入れたほうがいいのかもしれませんね。
差し歯の中が痛んできた場合
差し歯にしてかぶせ物をしたといっても、差し歯と歯茎の間から虫歯菌が侵入することもありますし、差し歯の歯の根っこは残っていますから、そこの部分が虫歯になってしまうこともあります。差し歯にするところの歯は、大体が神経を抜いてしまっているので、痛むことは余りありませんが、差し歯は本質的にはかぶせものと同じなので、もし痛んできた場合はすぐに歯医者さんに行きましょう。中が虫歯になっているのかもしれません。
このページをTwitterで共有する
このページをGoogle+で共有する
このページをはてなブックマークでブックマークする
ページの先頭へ