ホームプライバシーポリシー
歯の治療マニュアル
このページをTwitterで共有する
このページをGoogle+で共有する
このページをはてなブックマークでブックマークする

子供の歯磨き

しっかり磨いているつもりなのに虫歯になってしまう、虫歯になりやすいのは遺伝や老化のせい、と感じている人はいませんか?若いうちからの歯磨きで高齢になったときの歯の状態は大きく違います。そのときそのときで歯磨きのポイントって違います。コツを押さえて歯磨き上手になりましょう♪

[スポンサードリンク]

子供の歯磨き

歯磨きは赤ちゃんに歯が生え始めた頃から始まります。小さいうちから歯ブラシに慣れておきましょう。上手に磨けない乳幼児期は、大人が子供を寝かせたり楽な体勢で歯磨きをします。あまり力を入れずに歯肉にあたらないように指でおさえながら磨きます。自分で歯ブラシを持てるようになったら、本人が手を動かせるように教えてあげましょう。しっかり磨けるようになるまでは大人が仕上げ磨きを行います。歌を歌ったり、カレンダーにシールを貼るなど、楽しく歯磨きができる工夫があると良いですね。

歯磨きを楽しくする工夫
歯磨きが大切なもの、楽しいものだと意識することは大人も子供も必要なことかもしれません。ただし、遊びすぎにならないように注意してくださいね。
歯の生え変わりの時期の歯磨き
6~12歳になると、乳歯から永久歯へ歯が生え変わります。乳歯と永久歯が混ざって磨きにくい時期です。それに生え変わったばかりの新しい歯は虫歯になりやすいです。丁寧に歯磨きをして定期的に歯医者さんにチェックしてもらうと良いでしょう。

思春期・青年期の歯磨き

思春期の頃からホルモンの変化によって歯周病にかかりやすくなります。歯周病にかかっているかどうかを判断する簡単な方法は、歯と歯の間の歯肉がふくらんで、歯磨きすると出血することがあります。ほかにも歯がしみたり、口臭があったりといった症状があらわれます。

歯肉炎を予防するには歯と歯茎の間を意識してマッサージするつもりで歯磨きをすることです。最初は出血していても結構気持ちが良いですし、段々と丈夫になっていくのがわかります。その頃には出血もありませんし、歯茎がひきしまっています。このときも力を入れず、歯茎を傷つけないようにしましょう。

正しいブラッシングの方法
[スポンサードリンク]

大人の歯磨き

大人の歯は28本(親知らずを入れて32本)ありますが、80歳までに20本の歯を残そうという運動があります。大人の歯のトラブルは決して年齢のせいではなく、若いときのお手入れによって表れた結果なんですね。ですから普段の歯磨きがとても大切です。働き盛りの人は忙しくて外で磨くことができない人もいるでしょう。1日3回を簡単に磨くより、1日1回をしっかり磨いてみてはいかがでしょうか。

大人が虫歯になりやすい場所
大人の場合は、一度治療した場所が再び虫歯になることが多いようです。放っておくと詰め物から周りの歯へ虫歯が進行してしまいます。これを「2次う触」といいます。また、歯肉がやせて出てきた歯の根や歯と歯の間も隙間ができて虫歯になりやすいです。
妊婦さんの歯磨き
妊娠中は間食が増えたりホルモンの影響で虫歯の原因になりやすい状況です。つわりで歯磨きがつらいことだってあります。だからといって無理をしてもストレスがたまって良くありません。こういうときは無理をせず、うがいだけでも構いません。気分転換をする、歯ブラシを小さくするなど工夫をしてみましょう。
年配者の歯磨き
年配の方の歯が抜けていくのは、虫歯や歯周病が原因です。虫歯や歯周病になるのは、歯の隙間が広がる、歯の根が露出する、唾液の量が少なくなるといったことが考えられます。ですから、歯の隙間や歯の抜けた場所、歯の根などはしっかりと磨きましょう。また、年配者がかかりやすい肺炎は、プラークを唾液と共に飲み込み、異物を吐き出そうとして肺炎にかかります。歯磨きをしてプラークを取り除くことで、肺炎が解消されることもあるんですよ。
このページをTwitterで共有する
このページをGoogle+で共有する
このページをはてなブックマークでブックマークする
ページの先頭へ